徹底した衛生管理により
「安心・安全」を守っています

 
 
インクイディオッツは、衛生管理は何よりも重要だと考えています。タトゥー施術に使用したニードル・インク・チップなど、肌に直接接触する部分には使い捨て製品を使用し、使用済み製品はすべて使い捨てで廃棄しています。破棄できない器具に関しては、医療機器と専用薬剤を使用した入念な滅菌工程マニュアルを導入して、私自身が安心してタトゥーの施術ができるように徹底した管理を行っています。彫師とお客さんどちらにとっても必要不可欠な衛生管理。下記にてインクイディオッツが導入している滅菌工程について紹介します。

ステップ 1

 

使用後の器具は
中性洗剤で1次洗浄します

 

タトゥー施術に使用したグリップ・チューブなどのステンレス器具はすべて分解してから、中性洗剤を使い専用ブラシで入念に1次洗浄します。器具に付着したインク・血液・たんぱく質などの汚れをきれいに除去洗浄を行っていきます。

ステップ 2

 

目に見えない汚れを
超音波洗浄で除去します

 
1次洗浄後にラスノンソニック洗浄液を浸した超音波洗浄機で5分間、器具を2次洗浄にかけます。器具に付着した手洗いでは落としきれてない可能性の残る、目に見えない汚れを超音波洗浄機でさらに除去洗浄。その後、十分なすすぎ洗浄をして洗浄工程は完了。次の工程に進みます。

ステップ 3

 

漬け置きタイプの
滅菌剤で1次滅菌します

 
洗浄工程を終えた器具は滅菌工程に進みます。医療用滅菌剤グルトハイドプラス液3%に1時間ほどの漬け置きをして1次滅菌を行います。細菌や全ての微生物をはじめ、HIVやB型肝炎などのウイルスを死滅させます。漬け置き1次滅菌終了後に再度十分なすすぎ洗浄をして1次滅菌は完了です。

ステップ 4

 

135℃の高圧蒸気で
最終工程の滅菌を行います

 
最終工程として高圧蒸気滅菌機器オートクレーブで2次滅菌を行います。約1時間で滅菌〜乾燥の工程が全自動で行われ、135度の蒸気により全てのウイルスが死滅します。これで全ての滅菌工程が完了です。

ステップ 5

 

紫外線殺菌庫で
衛生的に保管管理します

 
すべての滅菌工程が完了したステンレス器具は紫外線殺菌庫ステリライザーで保管します。庫内の殺菌灯から強力な紫外線が照射され、短時間で強力な殺菌効果を発揮し、衛生的に保管することができます。

ヘルプサポート

  
タトゥーに関するよくある質問や
よくいただくお問い合わせ内容をまとめています